アルカリイオン水の効果とは

近年、「還元水」をはじめ「水素水」など、健康によいとされるさまざまなお水が注目をあびていることは周知の通りです。その中に、「中性」の水素水があったり、「弱アルカリ性」の水素があったりで。皆さんは、「水のphって「弱アルカリ性」といったい健康によいのはどっちだろうか。お考えになられたことはございませんか。ハッキリお答えしましょう。

体内の健康によいphは弱アルカリ性です。アルカリイオン水はつまり体の健康によいのです。(体外、いわゆる皮膚や頭皮、爪や髪などによいphは弱酸性です)これは、「人体のphは弱アルカリがよい」効果があると申し上げているわけではありません。

属性の違う水の性質

人の血液は中性ですし、胃液は強酸性です。このように、それぞれ場所によってphもちがいます。また、酸性水、中性水、アルカリ水など、たとえばこれらのどの水を飲んだところで胃や血液のphを変化させることなんてできないのです。

ここでもうしあげているのは、「ものをサビさせる力」いわゆる酸化力をもっている、もっていない、または持つまでの時間の長短によって良い、悪いと評価しているのです。酸化力はもっていないに越したことはないのですから。中性の水素水を製造販売するメーカーは「人類は太古の昔から中性の水を飲み続けてきたのです。

中性の水を飲み今日を迎えているのです」一見、説得力を感じるになるかもしれません。しかし、こうした会社はお客様の健康に寄与したいと切望する姿勢とは裏腹にリスク回避スタンスの会社と云わざる得ません。

電解水メーカー

電解水生成器の専門メーカーであるファーストオーシャンでは、無塩タイプの電解水の製造に成功しました。既に特許も取得しており、世界有数の医療機器メーカーでも採用されています。また、人体に無害で優れた殺菌力を持つアルカリ水を生成するHD-AK1も開発しており、様々な分野で活躍しております。