水に電解質を混ぜて電気分解した水

電解水という言葉を聞いた事がある人は多いと思います。その中の一つであるアルカリイオン水を名前につけた製品もありますし、名前そのものは有名ですが意味を知っている方は少ないです。それで電解水とは水に電解質を混ぜて電気分解し、それを取り出して液体として利用するものです。

ややこしい話ですがまず電解質とは、水に溶かして電気を流すと分離する食塩などの物質です。例えば鉄を水に入れて電気を流しても分裂しませんが、食塩は電気的性質が強いので分裂します。

電気分解された水の性質

そして分裂した後は酸性とアルカリ性に別れ、酸性の成分を持った水とアルカリ性の成分を持った水にわかれます。

それをそれぞれの用途に使い分けるのですが、この電解水には殺菌能力があり消毒をする時によく使われます。酸性のものを使う時もありますが、アルカリ性のほうが効果的で負担が少ないといわれます。一般のハンドソープは汚れを落とす力はありますが、殺菌力が低いことが多いです。そこでこの電解水を使って殺菌を行うことがあります。

電解水とは本来であれば一つの物質であったものを、分離することによって不安定化させ利用するものです。不安定化させることによって反応性が増し、特殊な能力や力を持つことが出来ます。変わった例で口の中を電解水で洗うことによって、口の中の全ての雑菌を数分で処理した例もあり効果の高さが実証されています。

電解水の良さは高い効果があるのに、人体への負担が小さい点で医療関係でよく使われます。また電解水を使って洗浄する特殊な機械もあり、多種多様な用途で使われています。

電解水メーカー

電解水生成器の専門メーカーであるファーストオーシャンでは、無塩タイプの電解水の製造に成功しました。既に特許も取得しており、世界有数の医療機器メーカーでも採用されています。また、人体に無害で優れた殺菌力を持つアルカリ水を生成するHD-AK1も開発しており、様々な分野で活躍しております。